歯周内科

歯ぐきからの出血、気になる口臭、歯ぐきのゆるみ、歯周病…、あなたのお口の中は大丈夫ですか?

歯周病の原因となる歯周病菌やカビが潜んでいても恥ずかしいことではありません。
顕微鏡検査では歯周病菌やカビがほとんどの方に見られますが、非常に多く見られる方、あるいは非常にきれいな方と状態は様々です。
まず、お口の中の状態を確認した上で原因である菌を特定し薬で原因となる菌を退治します。

顕微鏡検査で歯周病菌やカビ菌を確認

顕微鏡検査からの流れ

「定期検査」で、いつでもきれいなお口で安心、快適な暮らし

治療経過例

お口に潜む菌

  • カンジダアルビカンス(カビ菌)
  • スピロヘータ(歯周病菌)
  • 口内トリコモナス(原虫)
  • 歯肉アメーバ(原虫)

カビ菌は口腔内常在菌で、口の中に必ず住み着いている菌です。
退治しても生活環境の中で再び口に戻ってきます。
全滅させることは不可能ですが、カビ菌が増えすぎてしまうと歯ぐきの腫れなど悪い影響が出てきます。
また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなるので歯周病が再感染しやすくなります。
歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、定期的に検査を行うことをおすすめします。

妊婦さんの口腔内顕微鏡検査

歯周内科について

歯周内科について ( 国際歯周内科学研究会HP より引用 )

歯周内科は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。
治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。また、はっきりと自覚できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。
微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。)

歯周内科治療を行うことで8割、9割の方が歯周病が改善します。
しかし、良くなったからそれで終わりではありません。歯周病は感染症です。
カビ、歯周病関連菌は何もしないでほっておくと容易に再感染し増殖する危険性があります。
メンテナンスをしっかりと行い、歯科衛生士によるクリーニングをお勧めいたします。

メンテナンス・PMTCの詳しい情報はこちらへ

Copyright © Muto All Rights Reserved.