当院の滅菌消毒

多くの歯科医院において、治療で使用する器具の滅菌・消毒が十分でない為に感染症に院内感染するリスクが指摘されています。
当院では、感染症の院内感染を予防するため、様々な器具の徹底的な衛生管理を行っています。

患者様に安心して治療を受けて頂く為、このようなことに気を付けています。

テーブルに置くものを必要最低限に。

衛生面を考えて、他の患者様に使用した器具や必要のない器具はすぐに片付け、患者様ごとに治療に使用する器具だけをテーブルに置いています。
もちろん、歯を削る器具など、患者様のお口に入るものは患者様ごとに滅菌消毒しています。

患者様ごとに基本の治療器具を準備。

滅菌処理を施した器具は、1セットずつ滅菌パックに入れて保管しています。
使用するときまで滅菌された状態ですので、安心です。

歯を削るドリルはその都度装着。

歯を削るドリルは精密器具のため、滅菌処理などを頻繁に行うことで寿命が短くなります。
しかし、徹底的な衛生管理の一環として当院では患者様ごとに滅菌処理を行っています。

グローブは患者様ごとに使い分け。

診療・治療は必ずグローブを付けて行います。
患者様のお口の中を触りますので、もちろんグローブも患者様ごとに使い分け、使い回しはせずにその都度破棄しています。

コップやエプロンは使い捨て製品を使用。

治療中に使用する、うがい用のコップや前掛けなど、使い捨てができるものは基本的に全て使い捨て製品を導入しています。

患者様が退出した後に椅子やテーブルを丁寧に拭き上げ。

血液や唾液は、意外と広範囲に飛び散ります。
中々目には見えないものですが、次の患者様の衛生面を考えると非常に大切なことなのです。

その他の滅菌・院内感染予防対策

BK-HT使用

器具の洗浄に使用するための除菌水を生成する装置です。

細かな器具も徹底滅菌

かぶせものの調整に必要な削る器具まで滅菌しております。

スリープをかけて感染予防

滅菌できないものはビニール製のスリープをかけて診療を行っております。

口腔外バキューム

削って出てくる切削粉もしっかりと吸い取りながら診療をします。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

オートクレーブです。

プチクレーブ

二台のプチクレーブです。

むとう歯科医院では、外来環を取得しております。

「外来環 (歯科外来診療環境体制加算)」は、患者さんにとってより安全で安心できる歯科医療の環境整備を図る観点で、平成20年4月の診療報酬改定において新設されました。
これは院内感染防止対策においてしっかりとした施設基準をクリアしている証拠でもあります。
現在は全国の約1割の歯医者さんが施設基準をクリアしています。

院内感染防止対策促進協議会WEBサイト

滅菌ができていないとどうなる?

血液や唾液の中には様々な細菌やウイルスが潜んでいます。
歯科医院は血液や唾液を伴う治療を行うため、消毒・滅菌が非常に重要になります。
治療に使用する器具がしっかりと滅菌できていないと、感染症を院内に広げてしまうリスクが高まりますし、院内が清潔でないと、治療中の傷口から雑菌が入ってしまうこともあります。

歯科治療で扱う器具は多種多様で、全ての器具を清潔に保つことは簡単なことではありません。
特に精密な機器や鋭利な器具の衛生管理は、大変な手間と費用がかかることもあり、医院によっては最低限の洗浄作業だけを行う場合もあります。

しかし、患者様に安心して治療を受けて頂くためには、欠かせない大切なことだと考え、
当院は滅菌消毒にもこだわりを持ち設備投資・院内整備を行っております。

Copyright © Muto All Rights Reserved.